量より質の向上を YVB 今年の観光客141万人予測

観光入域予測値を発表する中山市長ら=2月28日午前、市役所
観光入域予測値を発表する中山市長ら=2月28日午前、市役所

 八重山ビジターズビューロー(会長・中山義隆石垣市長)は2月28日、市役所で会見を開き、2018年の八重山入域観光客数予測値を141万人と発表した。17年までの「目標値」発表を「予測値」の発表に改め、量より質の向上、1人あたりの観光消費額や宿泊日数の増加を目指す。

 17年の観光入域客数は138万6646人で、予測値は石垣―福岡直行便が通年運航となることや、クルーズ船の寄港増が予定されていることを元に算出した。

 18年の重点施策としては、滞在日数増や竹富町・与那国町での宿泊促進、冬期の誘客強化、顧客満足度の向上などを挙げた。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で

http://www.shimbun-online.com/latest