三つどもえの選挙戦に あす告示、経済・福祉も争点 石垣市長選

 11日投開票の石垣市長選は4日告示される。立候補を予定しているのは3期目を目指す現職の中山義隆氏(50)、新人で元市議の宮良操氏(61)、新人で元県議の砂川利勝氏(54)で、三つどもえの激しい選挙戦は事実上の終盤に突入する。石垣島への陸上自衛隊配備や保守市政継続の是非を最大の争点に、経済振興策、福祉政策などが問われる。
 安倍政権は日本全体の安全保障に関わる選挙として石垣市長選に注目。中山氏に人的、物的支援を惜しまない姿勢を示す。自民と共に選挙協力体制を構築した公明、維新には今秋の知事選に向け、政局主導権を確保したい思惑もにらむ。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で

http://www.shimbun-online.com/latest