設問内容に「配慮必要」 市長選言及の期末試験で 県教委

 県立八重山商工高校の期末試験で、石垣市長選挙(4日告示、11日投開票)の立候補予定者3人のうち、1人の名前を書かせた設問があったことで沖縄県教育委員会は2日、本紙の取材に対し「1人を書かせるのは誤解を与えかねない。配慮が必要だった」とコメントした。
 学校教育課の担当者は、立候補予定者1人を記入させたことについて「できれば全員書かせた方がよかった」と見解を示した。「生徒や保護者、地域に誤解を与えた結果になっているのであれば配慮が必要だった。作問の表現には気をつけてほしい」と求めた。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で

http://www.shimbun-online.com/latest