陸自配備の是非など争点 宮良、中山、砂川氏届け出 保守分裂、革新は奪還目標 石垣市長選

 任期満了に伴う石垣市長選が4日告示され、新人の元市議、宮良操氏(61)=共産、社民、自由、民進、社大推薦=、3期目を目指す現職の中山義隆氏(50)=自民、公明、維新、幸福実現推薦=、新人の元県議、砂川利勝氏(54)の無所属3人が届け出た。保守系は砂川、中山氏に分裂。宮良氏は革新市政奪還を目指す。石垣島への陸上自衛隊配備計画、保守市政継続の是非などを争点に、7日間の激戦がスタートした。投開票は11日。
 4日に3陣営の出発式・出陣式が開かれ、宮良氏は「争点はミサイル基地を認めるか、認めないか、一つだけだ」、中山氏は「観光地として伸ばしていくためには安心・安全・平和が望まれる」、砂川氏は「市役所は住民のためにあり、住民の声を聞くことが役割だ」と訴えた。
 3候補はこのあと選挙カーに乗り込み、島内各地で遊説を開始した。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で

http://www.shimbun-online.com/latest