誰もが楽しめる旅に アレルギー対応ツアー向け検討会 JAL

食材やメニューを検討する武内会長(奥列左)や調理師ら(上)と、アレルギー対応メニュー=5日午後、ビーチホテルサンシャイン
食材やメニューを検討する武内会長(奥列左)や調理師ら(上)と、アレルギー対応メニュー=5日午後、ビーチホテルサンシャイン

 日本航空(JAL)グループでは4月1日からの3日間、食物アレルギーを持つ子とその親を対象とした「食物アレルギー対応ツアーin石垣島」を開催することになり、宿泊先のビーチホテルサンシャイン(赤城陽子支配人)では5日、受け入れに向けた検討会が開催された。

 JALグループでは社会貢献活動の一環として、外食が困難な重いアレルギーを持つ人たちが、安心して宿泊旅行を楽しめるツアーに2010年から取り組んでおり、石垣島では初めての開催となる。県内では4回目。東京や大阪から12組34人が参加する。
 ツアーには同ホテルや八重山調理師会、全国組織の「食物アレルギーの子を持つ親の会」(武内澄子代表)などが協力。検討会には武内代表やJAL本社の越智健一郎部長、同ホテルの安里昇料理長らが参加し、食材や厨房や清掃について入念なチェックを行った。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で

http://www.shimbun-online.com/latest