自民〝総力戦〟で現職支援 他陣営警戒「永田町との戦い」 石垣市長選

中山氏の選対事務所を訪れ、支持者と握手する自民党の二階幹事長=8日午後
中山氏の選対事務所を訪れ、支持者と握手する自民党の二階幹事長=8日午後

 11日投開票の石垣市長選で、自民党が「総力戦」で現職、中山義隆氏(50)=自民、公明、維新、幸福実現推薦=を支援している。石垣島への陸上自衛隊配備計画が争点となっていることをにらみ、日本の安全保障を左右する選挙として重視。8日には二階俊博幹事長が石垣入りし、中山氏の選対事務所で支持者を激励した。宮良操氏(61)=共産、社民、自由、民進、社大推薦=、砂川利勝氏(54)の陣営は「永田町との戦いになった」などと警戒感を強めている。

 午後7時ごろ、中山氏の選対事務所に到着した二階氏は「地域を発展させるため、国政との関係をどうすればいいかは極めて大事だ。中山氏を全力でバックアップする」と述べた。東田盛正後援会長は「国政にこれだけ力を入れて応援してもらっている」と感激を隠さなかった。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で

http://www.shimbun-online.com/latest