「死守」か「奪還」か「市民党」か 三つどもえ激戦きょう審判 陸自配備計画に影響 石垣市長選

 保守の市政死守か、革新の市政奪還か、「市民党」の市長誕生か―。任期満了に伴う石垣市長選はきょう11日投開票される。新人の元市議、宮良操氏(61)=共産、社民、民進、自由、社大推薦、3選を目指す現職の中山義隆氏(50)=自民、公明、維新、幸福実現推薦、新人の元県議、砂川利勝氏(54)が三つどもえの激戦を展開してきた。選挙結果は石垣島への陸上自衛隊配備計画に大きく影響する。開票は午後9時から始まり、10時半ごろには大勢が判明する見通し。

▼全文は「新聞オンライン.com」で

http://www.shimbun-online.com/latest