協力金適用で島民免除 入域料、19年度導入へ 金額100~500円で議論 竹富島自然資産協

 第3回竹富島地域資源資産協議会(池田孝之委員長)が20日、竹富島のまちなみ館で開かれた。島への入域料は、竹富島島民などを免除できる任意の協力金とすることを確認した。竹富町は今後、同地域計画案を最短で2018年度6月に答申し、協力金徴収の条例整備後となる19年度4月、同島に入域料を科す計画で進める。委員からは1人当たりの望ましい協力金額について、100~500円など議論があった。

 

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で

http://www.shimbun-online.com/latest