「判断する状況にない」 陸自配備 受け入れ可否で中山市長

 石垣島への陸上自衛隊配備問題で、中山義隆市長は22日、「現時点では受け入れを判断する状況ではない」と述べ、配備に反対する予定地周辺の住民との話し合いを今後も模索する考えを示した。判断を表明する時期についても「考えていない」と期限を明示しなかった。市議会一般質問で仲嶺忠師氏らの質問に答えた。

 現時点で、予定地周辺の4公民館役員らとの話し合いのめどは立っていない。その上、与党の公明党が配備に慎重姿勢を示していることや、議会で野党が多数を占めていることもあり、早期の受け入れ表明は難しいと判断した可能性がある。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で

http://www.shimbun-online.com/latest