切れ目のない医療提供 県の医療計画を了承 医療審議会答申

答申を手交する安里会長(写真左)と受け取る浦崎副知事=26日、県庁
答申を手交する安里会長(写真左)と受け取る浦崎副知事=26日、県庁

 【那覇】県医療審議会(安里哲好会長)は26日、第7次県医療計画について審議した答申結果を浦崎唯昭副知事に手交した。全会一致で了承した計画案の期間は、2018年度から23年度までの6年間。課題に、高齢者人口増加への対応や死亡率・平均寿命の改善を上げた。県は、庁内で修正などを行い、他の保険・福祉関連計画との整合性を図り、総合的に保険医療政策を推進する。浦崎副知事は「答申を踏まえ医療計画を策定し、必要な医療提供体制の構築に取り組む」と述べた。

 

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で

http://www.shimbun-online.com/latest