練習艦 2度目の寄港 市民、セレモニーで歓迎 海上自衛隊

練習艦の入港を歓迎し、花束が贈られた=30日朝、石垣港湾内
練習艦の入港を歓迎し、花束が贈られた=30日朝、石垣港湾内

 海上自衛隊の練習艦「かしま」(4050㌧)、「しまゆき」(3050㌧)、護衛艦「まきなみ」(4650㌧)の3隻が30日午前9時頃、石垣港に入港した。練習艦の石垣港入港は2014年以来2度目。海自の幹部候補生学校の卒業生など総勢720人が乗船している。同港で歓迎セレモニーも行われた。

 練習艦には192人の幹部候補生学校の卒業生が乗船。女性は約20人。石垣寄港は卒業生を海上勤務に習熟させる訓練の一環で、3月17日から5月20日までの約2カ月間の練習公開。31日には石垣港を発ち、長崎県佐世保に向かう。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で

http://www.shimbun-online.com/latest