地域団体の活動拠点に まち・ひとづくり支援センターが開所

まち・ひとづくり支援センターの開所式が行われた=3月31日午前、健康福祉センター
まち・ひとづくり支援センターの開所式が行われた=3月31日午前、健康福祉センター

 健康福祉センターの敷地内で建設が進められてきた、「石垣市まち・ひとづくり支援センター」が完成し3月31日、開所式が開かれた。同センターには市文化協会やひとり親家庭福祉会など8団体が入居し、地域づくりの拠点として活用する。

 同センターは市制施行70周年記念事業の一環として建設。軽量鉄骨ユニットハウス造で、1棟あたり40平方㍍の独立したユニットハウスが8棟連なる。総工費は6千9百万円で、辺地対策事業債を活用した。室内にはエアコン、流し台があり、トイレは隣接する健康福祉センターの公衆トイレを利用する。契約は1年更新で家賃は無料、光熱費のみ入居団体が負担する。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で

http://www.shimbun-online.com/latest