「世界基準の星空に」 光害対策へ決意新た 暫定認定で石垣市・竹富町

西表石垣国立公園が星空保護区に認定され、中山市長と西大舛町長が報告会を開いた=3日午後、石垣市役所
西表石垣国立公園が星空保護区に認定され、中山市長と西大舛町長が報告会を開いた=3日午後、石垣市役所

 西表石垣国立公園が国際ダークスカイ協会(IDA)にダークスカイパークに認定されたことで3日、中山義隆石垣市長と西大舛高旬竹富町長が石垣市役所で会見を開いた。中山市長は、「世界基準の星空として、さらなる星空資源の価値向上につながるものと確信している」とあいさつした。今回は暫定認定のため、5年以内に外灯の改修を100%にする必要がある。両市町長はそれぞれの立場から光害対策で八重山の星空を守る決意を新たにした。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で

http://www.shimbun-online.com/latest