天目茶碗2点を収蔵 石垣焼窯元の金子さん ギメ東洋美術館に

瑠璃釉油滴天目茶碗(金子晴彦さん提供)
瑠璃釉油滴天目茶碗(金子晴彦さん提供)

 フランスのルーブル美術館東洋部の役割を持つ国立ギメ東洋美術館に石垣焼窯元の金子晴彦さん(57)の作品「碧海油滴天目茶碗(へきかいゆてきてんもくちゃわん)」と「瑠璃釉油滴天目茶碗(るりゆてきてんもくちゃわん)」がこのほど収蔵された。 

  1999年から窯を開いている金子さんは、制作が難しいといわれる油滴天目の茶碗などを作り出している。これまでに大英博物館などに収蔵されているほか、海外で評価されている。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で

http://www.shimbun-online.com/latest