園児100人こいのぼり掲揚 「強くたくましく育って」

こいのぼり掲揚式の記念撮影=26日午前、健康福祉センター遊具前広場
こいのぼり掲揚式の記念撮影=26日午前、健康福祉センター遊具前広場

 石垣市(中山義隆市長)は26日、健康福祉センターでこいのぼり掲揚式を行った。晴れ渡る空の下、登野城保育所(山城いづみ所長)、石垣保育所(真栄田優子所長)、新栄町保育所(古堅孝子所長)、石垣市児童デイサービスひまわり、石垣市子どもセンターから集まった4、5歳の園児約100人がこいのぼりを空高く揚げた。
 掲揚式で中山市長が「空で泳ぐこいのぼりのように、みんな楽しく遊んだり、お友だちとお勉強したり、たくさんご飯を食べて強い体を作ってください」とあいさつすると、園児たちは大声で「はーい」と返事。その後、園児全員が元気におゆうぎと宣誓をしてから、こいのぼりを揚げるひもを一斉に引っ張った。
 園児たちは色とりどりのこいのぼりを見上げながら笑顔を見せていた。
 市は今年、今回の掲揚式のため、家庭で使っていないこいのぼりを募集した。6世帯分のこいのぼりが集まり、例年より多い20匹を超えるこいのぼりが掲揚された。