奄美・沖縄の登録延期 ユネスコ諮問機関が勧告 世界自然遺産

 国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関IUCNは、政府が世界自然遺産に推薦した「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」(鹿児島、沖縄)について、推薦内容の抜本改定を求め「登録延期」を勧告した。北部訓練場返還地の関連地域を加えることなどが指摘された。政府が4日未明に発表した。最終的な登録の可否は、勧告を踏まえ、ユネスコ世界遺産委員会が6月24日から7月4日に中東のバーレーンで開く会合で審査する。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で

http://www.shimbun-online.com/latest