織物テーマにアーティスト熱唱 ミンサーの日でフェスティバル

最後の曲でステージ前に出て踊る観客と美ら百合グループ=あざみ屋ミンサー工芸館
最後の曲でステージ前に出て踊る観客と美ら百合グループ=あざみ屋ミンサー工芸館

 ミンサーの日の4日、あざみ屋ミンサー工芸館は、同館の中庭でミンサーの日フェスティバルを開催した。ミュージシャンの日出克さん=竹富島出身=と姉妹デュオのIRIS(イーリス)=石垣島出身=が織物にまつわる曲などを歌い、来場した約200人の観客を楽しませた。

 IRISの曲では、観客が手拍子をとりながら、姉妹が奏でるハーモニーを鑑賞。また日出克さんは、「母はミンサー工芸館で機織りをしていた。自分は機織りの音で育ったようなもの」と語り、エイサーの定番である「ミルクムナリ」や布をテーマにした曲を歌った。

▼全文は「新聞オンライン.com」で

http://www.shimbun-online.com/latest