拠点産地をアピール 名護でゴーヤーの日イベント

ゴーヤーをプレゼントされて喜ぶ保育園児たち=8日、名護市のJAファーマーズマーケット
ゴーヤーをプレゼントされて喜ぶ保育園児たち=8日、名護市のJAファーマーズマーケット

 【名護市】「ゴーヤーの日」の8日、ゴーヤーの消費拡大に向けたセレモニーが名護市のJAファーマーズマーケットやんばる「はい菜!やんばる市場」で開かれ、保育園児のアトラクションなどが繰り広げられた。
 名護市は2002年にゴーヤーの拠点産地に認定され、生産拡大に取り組んでいる。現在の生産量は年間約600㌧。市農林水産部の比嘉克宏部長は「拠点産地として今後もゴーヤーの生産や販売を促進したい」と意気込んだ。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で

http://www.shimbun-online.com/latest