翁長氏退院、膵がん公表 知事選対応は明言せず

 【那覇】翁長雄志知事は15日午前、入院先の浦添総合病院を退院。同日午後に県庁で記者会見し、膵臓(すいぞう)がんと診断されたことを明らかにした。進行度はステージ2。11月に予想される知事選については「公務をしっかりこなす中で、私への負託に応えていきたい」と述べ、明言を避けた。

 4月21日の手術で切除した腫瘍は約3㌢で、周囲のリンパ節の一部に転移があり、この患部も摘出した。経過観察が必要で、今後は、定期的に通院して再発や転移を抑える治療を継続し、抗がん剤も使用する。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で

http://www.shimbun-online.com/latest