陸自配備で意見交換会 反対派はボイコット 開南・於茂登地区

開南・於茂登地区対象の陸自配備意見交換会が開かれた=16日、大本小学校体育館
開南・於茂登地区対象の陸自配備意見交換会が開かれた=16日、大本小学校体育館

 「開南・おもと地区対象陸上自衛隊配備計画に関わる地域住民との意見交換会」(石垣市主催)が16日、大本小学校体育館で開かれ、中山義隆市長を含む市執行部メンバー11人が、7人の地域住民と意見交換した。住民からは中国脅威論や、交通渋滞の可能性、自衛隊配備でのメリット、水源地汚染の可能性など市側に意見を述べた。反対派住民らは小学校前で抗議活動を展開し、意見交換会をボイコットした。市が候補地周辺の住民と意見交換会を開くのは初めて。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で

http://www.shimbun-online.com/latest