遺産登録へ国立公園編入 菅長官、地元首長と面談 北部訓練場

各面談の終了後、記者会見する菅官房長官=19日、ホテルゆがふいんおきなわ
各面談の終了後、記者会見する菅官房長官=19日、ホテルゆがふいんおきなわ

 【名護】菅義偉官房長官は19日、沖縄入りし、名護市内のホテルで、本島北部12市長村の首長らと面談した。その後、金武町長とは個別に面談したほか、東村長、国頭村長、高江区長らのグループとも面談した。

 終了後、報道陣の取材に答えた菅氏は「沖縄振興と地域負担軽減のためにできることは全て行う」と強調。世界遺産登録の早期実現を目指す方針を示した。

 米軍北部訓練場の返還地について「7月までに、やんばる国立公園に編入する手続きを進める」と述べ、IUCN(国際自然保護連合)が求める推薦地に追加する考えを表明した。その他の振興策として、名護東道路の伊差川から先の延伸の実現や、国道58号線の車線追加も検討する考え。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で

http://www.shimbun-online.com/latest