渋滞緩和、利便性向上を リニューアルで検討委 道の駅「許田」

冒頭のあいさつをする崎間氏(中央奥)。検討会では、連携が計画される名桜大学の関係者を検討委員に加えるべきなどの意見も出た=22日、名護市役所
冒頭のあいさつをする崎間氏(中央奥)。検討会では、連携が計画される名桜大学の関係者を検討委員に加えるべきなどの意見も出た=22日、名護市役所

 【名護】慢性的な渋滞問題への対応が急務とされている国道58号の道の駅「許田」のリニューアルを検討する会議の第1回目が22日、名護市役所で開かれた。沖縄総合事務局や名護市の職員、道の駅の駅長らが参加し、総合事務局が渋滞対策と同エリアの活性化を進める案を説明した。

 現在、工事中の名護東道路の世冨慶ICから数久田IC(仮称)間の2021年夏の供用開始にあわせ、渋滞緩和を目的に、道の駅前の信号の撤去や交差点の閉鎖を説明。代わりに歩道橋を設置する予定であることも紹介された。名護市からは設置位置を、案よりも北側にするよう要望があった。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で

http://www.shimbun-online.com/latest