生産量、倍増目指す 11月に「いもの日イベント」 市甘しょ組合初総会

石垣市甘しょ生産組合の通常総会が開かれた=26日午後、市内ホテル
石垣市甘しょ生産組合の通常総会が開かれた=26日午後、市内ホテル

 石垣市甘しょ生産組合(東田盛正組合長)の通常総会が26日、市内ホテルで開かれ、2018年度の事業計画案など5議案が承認された。17年度の実績は生産量121・282㌧。今年度は約2倍の240㌧を目指す。11月16日には「いもの日イベント」が石垣市で開催される。同組合の通常総会は2017年に発足して以来、初めて。

 今年度の事業計画では、作付け面積を17年度の12㌶から20㌶への増加を目指す。栽培講習会は8月と来年1月に開く。「いもの日イベント」は県内の拠点産地区の持ち回りで行われる企画で、事務局によると県内のいも産地組織が展示や即売会を開くイベントという。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で

http://www.shimbun-online.com/latest