「知事は容認」「新基地」 軍港移設めぐり応酬 浦添市

登壇者の(左から)松本市長、金城氏、宮崎氏、西銘氏=29日、てだこホール
登壇者の(左から)松本市長、金城氏、宮崎氏、西銘氏=29日、てだこホール

 【浦添市】浦添市の西海岸開発と那覇軍港移設を議論するフォーラム「浦添の自己決定権を考える!」(主催・同実行委員会)が29日夜、てだこホール大ホールであり、多くの市民が来場し議論が展開された。

 基調講演した松本哲治市長は、那覇市長だった翁長雄志知事が那覇軍港の先行返還を明言したが、その後の知事選では賛否を明確にせずに当選したと指摘。現時点では翁長知事と城間幹子那覇市長も移設を容認しており、移設位置の違いで議論が必要だと説明した。
 ディスカッションには、松本氏、浦添選出の金城泰邦、西銘純恵両県議、宮崎政久前衆院議員が参加した。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で

http://www.shimbun-online.com/latest