中山市長、危険個所の対策を 大阪地震、児童死亡で

 18日に大阪府で発生した地震で、ブロック塀の下敷きになった児童が死亡したことについて、中山義隆市長は18日、「石垣市でも(地震は)いつ起こるか分からない。何とか対策を取るべきだ。教育委員会を通じて学校現場を早急に調査したい」と述べ、市としても危険個所の対策に取り組む考えを示した。平良秀之氏の一般質問に答えた。
 「通学途中に長い塀、高い塀がたくさん見受けられる。対応できるところはできるだけ対応したい」とも述べた。
 宮良長克教育部長も「安全面から現場でも早急に対応したい」と強調した。