海兵隊員、女性を救う ダイビング中におぼれかける 恩納村

九死に一生を得たミンイさん(右)と命の恩人ダーン一等軍曹(提供写真)
九死に一生を得たミンイさん(右)と命の恩人ダーン一等軍曹(提供写真)

 【恩納村】真栄田岬で5月、キャンプキンザ―(浦添市)米第三海兵遠征軍所属のスコット・ダーン一等軍曹(39)がダイビング中におぼれた香港在住の女性を救助した。部隊は表彰を予定しているが、ダーンさんは「(救助活動を通じて)永続的な友人ができたことが、なにより特別な賞」と話している。

 事故が起きたのは5月20日。恩納村で結婚式を挙げたばかりのミンイさんは夫、友人3人とともに真栄田岬を訪れ、ダイビングを楽しんでいたが、水深25㍍の地点を泳いでいるとき、マスクとレギュレーターを外してしまい、大量の水を飲んだ。パニック状態に陥った時、近くでダイビングをしていたダーンさんが異変に気づいた。「最初は何かの訓練かと様子を見ていたが、マスクとレギュレーターを振り払ったのを見て、10㍍ほど離れた場所から急いで彼女のもとへと泳いだ」と振り返る。

▼全文は「新聞オンライン.com」で

http://www.shimbun-online.com/latest