香港MICE誘致で商談会 冬場の需要アップ狙う YVB

香港MICE関係団体による商談会が開かれた=20日午後、市内ホテル
香港MICE関係団体による商談会が開かれた=20日午後、市内ホテル

 (一社)八重山ビジターズビューロー(中山義隆会長、YVB)は20日午後、香港エクスプレスとの提携による香港MICE関係団体を招いた八重山現地視察・商談会を市内のホテルで開いた。香港のトップエージェント13社の担当者、石垣市や竹富町から旅行宿泊運輸観光関連会社17社26人が参加した。YVBでは初の取り組み。
 商談会では、八重山側の各社担当者は限られた制限時間の中で、順番を待ちながら英語や中国語で各島をアピールしたほか、香港での観光需要などについて商談した。

 平田観光㈱の中里美由紀さんは「香港のEGL旅行会社に西表の由布島ツアーをPRした。あす同社との現地視察が楽しみ」と話し、EGLのホウ・マン・ホウ、アシスタントセールスマネージャーは「香港では石垣のことはまだあまり知られていない。香港の観光客にリラックスできる石垣の大自然を紹介したい」と期待した。
 八重山ビジターズビューローの濵田智佳子事務局長は「香港エージェント、八重山関係者ともに熱意を感じる。これまでは個人客が中心だったが、今後は八重山の美しい大自然体験を基に冬場の需要アップに、MICEを取り入れ、既存の観光の受け入れの幅を広げたい」と期待を込めた。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で

http://www.shimbun-online.com/latest