離島割引の継続決定 事業適用条件を変更 沖縄県

離島割引の適用継続決定を受け記者会見する漢那副市長(右)と大得企画部長=27日午後、市役所
離島割引の適用継続決定を受け記者会見する漢那副市長(右)と大得企画部長=27日午後、市役所

 翁長雄志知事は27日、石垣―那覇路線で離島住民の当日航空運賃を値下げする「沖縄離島住民等交通コスト負担軽減事業」(離島割引)の適用を7月以降も継続する方針を明言した。同事業の適用条件を26日付で変更した。石垣―那覇路線にはLCC(格安航空会社)のバニラ・エアが参入することから、県は当初、7月から適用を保留する方針を示していたが、石垣市などの強い要請を受け、方針転換した。同日、石垣市役所で記者会見した漢那政弘副市長は「住民の不安を払拭できた。安堵している」と話した。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で

http://www.shimbun-online.com/latest