17年連続で国際通り 最高路線価、10・4%増

17年連続して最高価格を記録したのはみずほ銀行那覇支店が立地する那覇市久茂地3丁目国際通り
17年連続して最高価格を記録したのはみずほ銀行那覇支店が立地する那覇市久茂地3丁目国際通り

 【那覇】沖縄国税事務所は2日、2018年1月1日時点の路線価を発表した。沖縄県の最高路線価は「那覇市久茂地3丁目国際通り」。対前年比10・4%増の74万円で、2002年以降17年連続で最高路線となった。価額は2013年分から6年連続で上昇した。

 同事務所管内6税務署の最高路線価は、全ての署で上昇。那覇税務署(国際通り)は6年連続、北那覇税務署(那覇中環状線)は5年連続、沖縄税務署(町道美浜1号線)は3年連続、宮古税務署(西里大通り)と名護税務署(名護バイパス)は26年ぶり、石垣税務署(市役所通り)は3年ぶりに上昇した。石垣市の市役所通りは20年連続で石垣税務署管内の最高路線価。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で

http://www.shimbun-online.com/latest