進路決定へ生徒団結 八商工、6年連続で100%

進路決定100%を目指し団結する生徒たち=4日、八商工
進路決定100%を目指し団結する生徒たち=4日、八商工

 進学や就職活動を3年生全員で乗り切る雰囲気づくりをしようと、八重山商工高校(新城英人校長)で4日、進学・就職活動結団式が開かれ、全員の進路決定に向け生徒が団結した。同校によると海外留学希望者を除いた進路決定率は6年連続で100%。

 結団式の冒頭、進路委員の大嶺優真君(3年)は、「卒業後の自分の進路を考える時期になった。希望する進路決定できるよう頑張ろう」とあいさつ。
 新屋敷博史教頭は3月1日の卒業式まで残り101日となった事を紹介し、「過去は変えられないが、将来は変えることができる。チャレンジして頑張って」と激励した。

▼全文は「新聞オンライン.com」で

http://www.shimbun-online.com/latest