「八重山から聖火リレーを」 東京五輪 市町会要請、県前向き

(左から)外間守吉与那国町長、富川盛武副知事、中山義隆石垣市長、西大舛髙旬竹富町長=5日午前、県庁副知事応接室
(左から)外間守吉与那国町長、富川盛武副知事、中山義隆石垣市長、西大舛髙旬竹富町長=5日午前、県庁副知事応接室

 【那覇】2020年に開催される東京五輪の聖火リレーについて、日本最西南端の島々で構成される八重山諸島からのスタートを要請するため、八重山市町会(会長・中山義隆石垣市長)は5日、富川盛武沖縄副知事を訪問した。

 中山市長は「前回のオリンピックでは聖火リレーは沖縄本島からスタートしたと聞いている。ぜひ今回は、日本最南西端の八重山からスタートしてもらいたい」と要請。

  

▼全文は「新聞オンライン.com」で

http://www.shimbun-online.com/latest