新庁舎建設の入札不調 3工区、予定価格超過も スケジュール遅れに懸念 石垣市

新庁舎の完成イメージ図(市ホームページより)
新庁舎の完成イメージ図(市ホームページより)

 石垣市は6日、新庁舎建設工事の入札を3工区に分けて実施したが、いずれも不調に終わった。二つの工区では入札額が予定価格を超過、残る工区は入札業者が1社しかなく、入札が不成立となった。市は今後、入札不調の要因を分析するとともに、早期の再入札に向けた準備を進める。今後、受注業者の決定がさらに遅れれば、2020年の供用開始を予定している新庁舎建設のスケジュールに狂いが出る懸念もある。

 市は新庁舎建設工事を地元業者に発注する方針で、石垣市に本社を置くAクラスの建設業者12社に参加を呼び掛けた。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で

http://www.shimbun-online.com/latest