翁長県議が出馬意向 自民選考委が擁立 現職と対決へ 那覇市長選

 【那覇】任期満了に伴う10月21日投開票の那覇市長選で、自民党県連沖縄第一選挙区支部などでつくる選考委員会(山川典二委員長)は8日、自民党県連会長代行で県議の翁長政俊氏(69)の擁立を全会一致で正式決定し、同日中に同氏に出馬要請した。翁長氏は「身の引き締まる思い。週内にも最終的な返事をしたい」と述べ、出馬の意向を示した。那覇市長選は11月18日に投開票される知事選の前哨戦と見られており、翁長雄志知事を支持する市政与党は現職、城間幹子氏(67)の擁立に向け調整している。

 自民党選考委の山川委員長は翁長氏擁立を決めた理由について「那覇市議2期、県議5期の政治経験と交渉能力、政策の構想力、実行力などがポイント。3年後は那覇市政100周年を迎えるが、今後の『大那覇構想』を作れる人物。現職の保守系那覇市議団が全会一致で翁長氏を推薦したことも大きな要因になった」と明かした。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で

http://www.shimbun-online.com/latest