「八重山に聖火リレーを」 石垣市議らが県に要請

(左から)箕底用一石垣市議、山盛力竹富町議、新里米吉県議会議長、仲嶺忠師石垣市議、與那覇英作与那国町議、次呂久成崇県議=24日午後、県議会応接室
(左から)箕底用一石垣市議、山盛力竹富町議、新里米吉県議会議長、仲嶺忠師石垣市議、與那覇英作与那国町議、次呂久成崇県議=24日午後、県議会応接室

 【那覇】八重山広域市町村圏事務組合議会(議長・仲嶺忠師石垣市議)は24日、箕底用一石垣市議の提案で県議会を訪問し、新里米吉議長に「東京オリンピック・パラリンピックの聖火リレーにおける八重山地域開催」を要請した。新里議長は、個人の意見と断った上で「八重山・宮古地域も聖火リレーを走らせないと悔いが残る。担当部長にもう1回話しておく」と語った。

 2020年の東京五輪の聖火リレーは、同年3月26日に福島県を出発。県内を走るのは5月2、3日と決まった。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で

http://www.shimbun-online.com/latest