厳かにオンプール 各字で多彩な芸能披露 四カ字豊年祭

ミシャグパーシィの儀式が執り行われた=30日午前、米為御嶽
ミシャグパーシィの儀式が執り行われた=30日午前、米為御嶽

 八重山に伝わる最大の伝統行事、四カ字豊年祭のオンプールが30日、市内各所で執り行われ、地域住民らが今年の豊作を感謝し来夏世の五穀豊穣を祈願した。多量生産など優良農家の表彰も行われた。

 このうち登野城字会(玉城学会長)は、午前10時からフバナアギの儀式を米為御嶽で挙行。稲作伝来の地とされる同御嶽に、雉牡丹、オオゴチョウの旗頭が奉納され、神酒を酌み交わすミシャグパーシィの儀式などが行われた。

 ミシャグパーシィには例年、字会役員や長老、各部会の責任者が参加しているが、今年は伝統継承のため、登野城旗持会の若手も参加。大人数での奉納となった。
 午後からは天川御嶽(登野城)、宮鳥御嶽(字石垣)、大石垣御嶽(大川)、長崎嶽(新川)の各御嶽でオンプールが挙行され、獅子舞や棒術などの芸能が披露された。双葉公民館は同日夕、同館内で祝賀会を開いた。
 31日は各字が集合し、真乙姥嶽でムラプールが開かれる。