勇壮にツナヌミン 住民ら五穀豊穣を祈願 綱が切れる大珍事も 四カ字豊年祭ムラプール

日暮れと共にツナヌミンが行われた=7月31日夜、新川地区
日暮れと共にツナヌミンが行われた=7月31日夜、新川地区

 八重山の夏を彩る風物詩、四カ字豊年祭のムラプールが7月31日午後、真乙姥嶽周辺で開かれ、住民らが来夏世の五穀豊穣を祈願した。会場には11団体15本の旗頭が舞い、太鼓や巻き踊りなどの芸能が次々と奉納された。クライマックスの大綱引きでは、一度結び合わされた綱が競技中に途切れる珍事があり、そのまま引き分けとなった。

 真乙姥嶽には午後2時ごろから各団体の旗頭が集まり始め、午後3時半、新川の長老らがヤーラヨーを唄いながら入場。ムラプールがスタートした。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で

http://www.shimbun-online.com/latest