賛否両論はあろうが、勇気ある発言だ。…

 賛否両論はあろうが、勇気ある発言だ。全国学力テストで、大阪市が政令指定都市で最下位だったことを受け、吉村洋文市長は「結果目標を定め、達成の可否で小中学校の校長や教員らを評価して給与に反映させたい」と述べた。学力低迷の現状を何とか打破したいという意気込みがうかがえる◆沖縄も中3の正答率が全教科で全国最下位という結果に終わったにもかかわらず、どうも危機感が希薄に感じられる。むしろ競争を激化させる弊害があるとして、学力テストの存在そのものを批判する意見すらある◆地域にとって人材こそ最重要の資源だ。学業や学歴がすべてではないにせよ、人材育成と学力向上は切っても切れない関係にある◆沖縄が経済的に他府県に立ち遅れている理由は、米軍統治の歴史や米軍基地の存在などで説明されることが多い。一方、学力低迷は子どもの貧困との関連も取り沙汰されるが、厳しい環境で勉学に励んだ例はいくらもあり、よほどのことでもない限り、基本的には本人、親、教育者の努力の問題だろう◆沖縄は、学力低迷を「恥ずかしいこと」と受け止める意識が足りないのではないか。学校別の成績公表などが叫ばれて久しいが、吉村市長が主張するような「劇薬」がそろそろ必要になりそうな気がする。