疎開児追悼「戦争なくして」 対馬丸撃沈から74年

対馬丸慰霊祭で追悼のことばを述べる対馬丸記念会の高良政勝理事長=22日、那覇市の慰霊碑「小桜の塔」
対馬丸慰霊祭で追悼のことばを述べる対馬丸記念会の高良政勝理事長=22日、那覇市の慰霊碑「小桜の塔」

【那覇】太平洋戦争後期、沖縄から本土への学童疎開船「対馬丸」が鹿児島県沖で米潜水艦に撃沈され、児童ら1500人近くが犠牲になった事件から74年となる22日、市の慰霊碑「小桜の塔」で遺族や生存者らが集まり、慰霊祭が開かれた。約400人が出席し黙とうが捧げられた。
 「つしま丸児童合唱団」「那覇少年少女合唱団」「那覇少年舞台プログラム」の子どもたちから犠牲となった児童へ歌が捧げられた。犠牲者の多くが通っていた天妃尋常小学校の校歌や「小桜の塔のうた」、「ふるさと」などが歌われ、参列者から涙を流す姿もみられた。

 

八重山版ー http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo

沖縄本島版ー htthttp://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamahontoban