製糖業宿舎の検討開始 町内3島、観光客宿泊も視野 竹富町

 竹富町製糖業等宿泊施設整備に関する検討委員会(前鹿川健一委員長、委員10人)が12日、竹富町教育委員会でスタートした=写真。同委員会は町内3島(小浜、西表、波照間)の製糖工場の宿舎整備に向け、2018年度内に基本構想を策定する。宿舎整備は製糖期には季節工が利用、製糖期外では観光客の宿泊施設も視野にある。

 現時点での宿舎整備条件として、宿舎利用者数は小浜で80人、西表で65人、波照間で70人。いずれも全室個室希望。 機能として製糖期の12月~4月は季節工が利用。製糖期外の11月~5月は観光客の宿泊施設を検討する。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で

八重山版 http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo

沖縄本島版― http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamahontoban