宜野湾市長選が告示 辺野古争点に2氏届け出

 前市長の県知事選立候補に伴う宜野湾市長選が23日告示され、県高校PTA連合会前会長仲西春雅氏(57)=立民、国民、共産、社民、自由、沖縄社大推薦=と、前副市長松川正則氏(65)=自民、公明、維新推薦=の2氏が届け出た。市中心部にある米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設が争点となる。投開票は知事選と同じ30日。

 両氏はともに普天間飛行場の早期閉鎖、返還を訴えている。仲西氏は名護市辺野古移設に反対の立場で、松川氏は是非について言及していない。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で

八重山版― http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo

沖縄本島版― http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamahontoban